キャッシング即日、利用できない人とは

キャッシング即日、利用できない人とは

キャッシングを利用するためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。 この条件がクリアできない方は、審査を通ることができず、キャッシングは利用できないのです。

まず、他社の借り入れについてですが、すでに他の消費者金融から借り入れを行っている場合、借り入れ件数が多い方は審査に落ちやすくなってしまいます。できるだけ借り入れ件数を減らすためにも様々な業者から少額ずつ借りるのではなく、借り入れをまとめてみてはどうでしょうか。

近年は金利の安い業者で借り換えるおまとめローンなども人気です。キャッシングは安定した収入がある方でなければ利用することできません。この条件に加え、継続して収入が得られることというのも条件となります。例えば、年に数ヶ月だけたくさん稼ぐという方は審査に通らないのです。

毎月いくらの収入があればいいかという基準は業者によって基準が違いますが、パートやアルバイトの方でも安定した継続収入があれば融資を受ける事は可能です。こういった理由から無職の方や生活保護を受けている方はキャッシングを利用することはできません。

安定した収入はどれくらいと考えるかは業者の基準によりますが、一般的に年収は200万円以上あれば大丈夫だといわれています。 雇用形態は特に問われないものの、勤続年数は1年以上あったほうが審査に通りやすいでしょう。

無職というよりも、専業主婦として生活している方もたくさんいますが、こういった場合も自身に収入があるわけではないので、キャッシングに申し込みはできません。

次に、信用情報機関に傷がついている方も審査に落ちてしまう可能性が高くなります。 これは、情報機関に滞納などの情報が登録されてしまっている方のことです。 長期的に返済が滞ってしまったり、債務整理をした、代位弁済をしたなどの情報が記録されます。

こういった事故情報が登録されている場合、また同じような事態に陥ってしまうかもしれないと警戒されるため、審査に受かるのが難しくなってしまうのです。

キャッシングの返済について知っておきたいこと

キャッシング即日の返済について考える際には、いくつか頭に入れておきたいポイントがあります。 多くの方は借りる時のことばかりを考え、返済についてはよく検討しないままでキャッシングをしてしまうようです。

そのような状態だと、自分ではしっかり毎月返済をしているつもりでもなかなか元金が減らないという状態になりかねません。

まず、キャッシングで借り入れした金額は一日でも早く返せるように努力してみましょう。 長く借りれば借りるほど、高い利息がかかってしまいます。

利息というのは借りていることに対する手数料なので発生するのは仕方がありませんが、はっきり言ってしまえば無駄なお金ですよね。

毎月の返済金額を低めに設定してしまうと返済の大部分が利息という形になってしまうので注意しなければなりません。

毎月の返済額を増やすのは難しいという方もいるかもしれませんが、そういった方も少し余裕がある時に繰り上げ返済を利用したり、上手に元金が減らせるように工夫してみてはどうでしょうか。
秋田銀行

たくさんの業者から借り入れを行ってしまった場合、金利の低い業者にまとめた方が総合的な返済額を減らせる場合があります。

これをおまとめローンといいますが、借入件数が増えると返済日などもわからなくなってしまいがちなので、こちらも利用できないか検討してみてはどうでしょうか。

どうしても返済できなくなってしまった場合は、自己破産などの方法もあります。 ただ、自己破産はデメリットも非常に多いため、特定調停や任意整理、個人再生といったその他の債務整理についてもチェックしてみましょう。

どの方法を選択したとしてもデメリットがあるため、債務整理をすることにならないように返済スケジュールを考えることが重要です。様々な業者で返済金額などを入力することで返済スケジュールをチェックすることができます。

定期的にこういったものをチェックしたり、印刷して貼り出しておき、完済までの道程について考えましょう。

審査に落ちたのとは別の業者に申し込めば通る?

キャッシングの審査に申し込んだものの、残念ながら審査に落ちてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。お金がないためにキャッシングを申し込んだわけなので、審査に落ちてしまうと大変ですよね。

その場合の対策についてですが、いくつかあります。まず、他のキャッシング業者に申し込むという方法。

キャッシング業者の審査基準は業者ごとに違うため、A社で落ちたとしてもB社で通る可能性があるのです。また、B社で落ちてしまった場合でもC社ならば通るかもしれません。

ですが、落ちたら次、というようにたくさんの業者に立続けに申し込みするのはやめておいた方が良いでしょう。1ヶ月以内に3社以上に申し込んでしまった場合、「申し込みブラック」という扱いになってしまいます。

これは、申し込み件数が多いためにブラックリストに載ってしまうということです。 立て続けにたくさんの業者に申し込みをしているということは、それだけお金に困っているということですよね。

そういった方にお金を貸した場合、貸し倒れのリスクが考えられます。 そのため、申し込み件数の多い方はその時点で審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

できれば1ヶ月以内の申し込み件数は2社、多くても3社までにとどめておきましょう。 もしも大手のキャッシング業者に申し込みをしたものの、3社に断られてしまったという場合、他の業者に申し込みをしても通らない可能性が高いです。

残念ながら審査に落ちた理由は教えてもらえませんが、審査される項目の中で何らかの問題が合ったと考えられます。

例えば、勤続年数が短い、居住年数が短いといった理由で審査に落ちてしまうことがありますが、こういった場合は数年経ってから再度申し込みをすると審査に通ることがあります。

どこからも借りることができずヤミ金に手を出してしまう方もいるようですが、これは非常に危険なことです。仕事を増やして収入をアップさせたり、節約をするなどその他の対策も検討してみましょう。

キャッシングの審査で使用目的を聞かれる?

キャッシングを利用する理由は人によって違います。 中には、あまり人に言いたくない理由でお金が必要になり、キャッシングを検討しているという方もいるでしょう。

そういった際に、キャッシング業者から何のためにお金が必要なのか聞かれてしまうと面倒です。 ですが、キャッシングやカードローンの申し込みをしたとしても何に使うのか聞かれるようなことはないので安心しましょう。

ただ、注意しなければならないこととして、事業資金として使うことを禁止しているものもあります。特に銀行系のカードローンにこういった傾向が強いようです。

消費者金融のキャッシングは基本的に事業資金として使うことも可能となっていますが、これは業者によって異なるので事前に確認しておいた方が良いでしょう。

それから、電話や自動契約機で申し込みをした際に、担当者の方からキャッシングの使い道について聞かれることがあります。

インターネットを申し込みではこういったことがないようなので、不安な方はインターネットで申し込みを選択してみてはどうでしょうか。

仮に、電話や自動契約機で申し込みをした際に使い道を聞かれてしまった場合は、生活費など無難な答えをお勧めします。 あまり細かく答える必要もありませんし、それほど深く聞かれることもないでしょう。

ただし、ギャンブルのために使うと答えてしまうと融資が受けられない可能性があります。 借金をしてでもギャンブルをする方は返済が滞りがちであるため、消費者金融側も警戒するわけです。

キャッシングで借りたお金をギャンブルに使うことができないというわけではありませんが、審査の際にそう答えてしまうと不利になります。

生活費と答えたものの審査に落ちてしまったという場合、使い道が原因で落ちたのではなく、その他の理由があった可能性が高いです。例えば、勤続年数が短かったり、希望金額に対して収入が少ないということはないでしょうか。

使い道は審査にそれほど影響しないので、あまり深く考えすぎる必要はありません。


・キャッシングのビジネスローンとは

このページの先頭へ